葬儀と市役所のかかわり

親しい人や家族が亡くなった場合は当たり前のように葬儀についての手配を行っていますが、実際に葬儀を行った後市役所などに申請するともらえる給付金などはあるのでしょうか。特に、故人との別れを行った後には市役所に行く事が多くなり、その合間に銀行や生命保険会社の手続きなど、早めに行う必要のある事から手を付けていく事が大切です。

中でも市役所で行う手続きにも色々とありますが、あまり多くの人に知られていない給付金が国民健康保険加入者が国民健康保険からもらえる給付金の存在です。国民健康保険は社会保険に加入していない人が原則加入するものですが、国民健康保険に加入している人が死亡した場合、補助金として数万円受け取る事ができます。この数字も市区町村によってまちまちですが、葬儀費用などが高い東京都では一律7万円など決まった額を掲げている自治体もあるので、気になる場合はチェックしておくことが大切です。国民健康保険から出るのは葬祭費といって5万円から10万円となっています。申請に必要な主なものは、故人の健康保険証、葬儀の領収書、申請者の住所です。印鑑と振込先を国民健康保険の窓口で手続きするようにしましょう。

国民健康保険以外にも、社会保険から埋葬費という名目で故人の給料の全額が支給されるものがあります。死亡日から2年間となっているので、これは故人が亡くなってすぐにでも会社に連絡をとって手続きを取ってもらう事が必要です。手続きには、受給資格使者証、死亡診断書、戸籍謄本などが必要になるので、故人が会社員だった場合は、事前に手続きを進めておくことも大切です。